憂鬱の海にいる人へ

最初で最後のひのき舞台となった文化祭での演奏が終わり、感極まって泣いたぼくは、それから抜け殻のようになって<憂鬱の海>を漂う。バンド活動に明け暮れる高校生活を描いた芦原すなおさんの小説『青春デンデケデケデケ』である。同じ仲間とバンドの組めない大学生活は味気なく思えて、受験勉強がはかどらない。自分たちも演奏したビートルズやローリングストー…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

新年度

3月31日、離任式。 17人の異動職員への児童代表送別の言葉は、例年と変わりなく『校庭の桜もほころび始め、』から始まった、でも外の桜は満開で…。 誰かちょっと気を効かせてやって、事前に文章を調整してやれば良かったのに…。リハーサルとか、しないのか。 でももしかしたら『校庭の桜もほころび始め、』は、3月31日限定の時候の挨拶文に指定…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

入試の弁当と天啓の話。

以前、大学入試センター試験の会場に、自分の昼食として宅配ピザを注文した子がいたそうだ。会場の事務所に届けられたそのピザを受け取りにくるようにとの館内放送が、昼休憩中の会場に響き渡り、他の受験生たちの顰蹙をかったという。 実話かどうか分からないけど、今の時代、あり得なくもない話だとも思った。 昨日の晩はなかなか寝付けなかった。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

発熱しないインフルエンザ?⑥

昨夜は一度も目覚めることなく、朝を迎えることができた。やはり、処方薬はしっかり効く。 《昨日もらった薬》 ・クラリスロマイシン(抗生剤) ・ビオフェルミン(整腸剤) ・フラべリック20mg錠(鎮咳) ・アンブロキソール15mg錠(去痰) ・プラコデシロップ(鎮咳頓服) この中で、《フラべリック》という薬を飲むと、聴…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

発熱のないインフルエンザ?⑤

午後2時30分、かかりつけクリニックなう。 朝は考えてなかった展開。というのも、喘鳴が気になってきたので。前述の通り、私の場合、インフルエンザかどうかということ以上に、喘息に移行させないように気を配らねばならない。そして昨夜のような午前2時の覚醒は、もうゴメンだ。 土曜日の午後も開業してくれるかかりつけ医。午後3時の診療開始だから、さぞ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

発熱しないインフルエンザ?④

深夜2時。 激しく咳が出て目が覚める。 呼吸音に耳をすますと、呼気のタイミングで、気道から『ぴー、ぴー』という微かな笛の音がしてくる。睡眠時は副交感神経が優位となり気管が収縮し、水分不足も重なり、痰が出にくくなっているため、強い咳が出がちなのね。 ひとしきり咳こんで、治まる。龍角散一匙投入した。 体温・・計ったけど忘れた。忘れち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発熱しないインフルエンザ?③

午後4時。 37.3度くらいの微熱が続いている。ハナガツマッテ、ツライ。というか、鼻腔内が痛い(>_<) 湿性の咳はまだ強い。咳き込むたびに喉の粘膜が傷ついていくような気がする。小まめに水分補給をしている。 さすがに布団の中で過ごすのも飽きてきた。テレビも面白くない。 マンガ『あたしんち』を寝室へ持ち込んで読む。もう何回読ん…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

発熱しないインフルエンザ?②

12月26日(金) 朝~昼過ぎまで 朝、4時ころ目覚めて咳が激しく出る。体温37度。微妙な数字。上がってくるのか、いつもみたいにまた下がってしまうのか。予測できない。 やっぱり医者に行こうかな、と考えてみる。年末の休みに入ってしまうから。さっそくインターネットでかかりつけのホームページを見ると、今度の日曜日の午前中まで、通常…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

発熱しないインフルエンザ?

この数日、実は病んでいます。 自分にとっての備忘録として、また、たまたま検索で見つけてくれた誰かにとって参考になるかもしれないので、記録として残そうと思います。 12月21日(日) 朝からとても快調な気分。気温も高かったので午前中は窓ふき、午後は電車でデパートに買い物。その帰り道、なんとなくどんよりとした疲労感が来た。 家に着いて休…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

That's Christmas To Me ~PENTATONIX~

PENTATONIXというアカペラのグループを最近聴き始めました。2011年から活動しているまだ若いグループ。少しの狂いも無い、澄みきったハーモニーが秀逸です。 ぜひ、低音域を強化できるイヤホンかヘッドホンで聴いてください。(心が洗われます・・) The only gift I’ll ever need is t…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ぼくたちはなぜ、学校へ行くのか。 ~石井光太

八月も下旬。 小中学生はそろそろ、2学期が気になり出して来る時期でしょうか。 子ども時代、長い休みが終わるころになると、なんだかすごく憂鬱な気持ちになったものです。 「なんで、学校に行かなきゃなんないのかなー…ずーっと、夏休みならいいのにな…」なんて、思っていたっけ。今頃、子どもたちも同じなんだろうなあ。 でも、子どもにとって学校…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

星やどりの声~朝井リョウ

秋になると自宅近くの大学の文化祭が行われる。理学部の学生が催す水族館や、映画上映や、バンドサークルのコンサート、様々な屋台で売られる焼そばやワタアメ…そんな賑やかな祭りを見に自分の子どもを連れては、よく行ったものだ。 そこは私の母校でもある。自分の在学していたころと変わらない、建物や中庭、桜並木。雰囲気はとてもなつかしく、それはそれで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

無理(上・下) ~奥田英朗

毎年、感じること。 夏休みは、8月に入った途端、加速度を付けて過ぎていく。まるで下り坂を転げ落ちていくみたいに。 今朝は蝉の声の質が変わった。ミンミンいう夏の活気から、ジージー…カナカナカナ…へ。秋に向かう物悲しさを含んだ蝉の声。なんだか不穏な雰囲気を孕んでいるような、そんな蝉の声。 奥田英朗は、伊良部一郎シリーズが大好き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年は蓼科

夏の恒例行事、5年生の自然教室。これまで新潟県へ行っていたのですが、今年から私の出身地、長野県は蓼科高原への旅に変更になりました。子どものころ、よく家族でキャンプに行った場所。懐かしいな~(^o^) 車山の山歩きは、風がスーっと♪とても清々しくて、このままどこまでもどこまでも歩いていける!ような気がしました。 (ニッコウキスゲ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

6月、最後の日

6月、一つも記事が無いのは寂しい。何でもいいから、書こうか。 平成19年、特別支援教育が本格的にスタートをして、早いもので7年が経った。発達障害を持つ子どもたちへの理解や支援の方法については様々に語られ、実践され、研究されてきた。 平成15年および25年の文部科学省の調査によれば、知的な障害を伴わなくても認知・学習に著しい困難…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

クラゲ

3月の連休に、伊豆方面に行きました。たくさん写真も撮って、ブログにアップしたかったのですが、アレとかコレとかに時間が取られて記事にできずに過ぎてしまいました…。 その時に、水族館でクラゲを見ました。 青い照明の中を漂う姿はとても幻想的で、見ていると癒されます。 クラゲだけの水族館があると聞いたことがあります…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

座右の銘は、何ですか?

PTA新聞という、年に何回か発行される広報の春号の記事には、毎年、職員のプロフィールが掲載されます。今年のお題は、『あなたの座右の銘は何ですか?』というものでした。 座右の銘。 普段それを意識して生活している人がどれだけいるだろうか…、と、ふと思ったりしますが、しかし、だからこそ改まってそう質問されたとき、真っ先に浮かぶ言葉が、その…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

卒業式

今日は、中学校の卒業式でした。 まだ卒業生が入場する前、ステージに掲げられた横看板。 『卒業証書授与式』 あの文字はどうやって作ったのだろうか?大きさや傾きの揃い具合、きっとパソコンの文字だろうけれど、あの長さに作るのは、どうやったんだろう。 …などと、つい、仕事目線にものを見てしまって、あまりよくないかな。 9時30…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

雪の日のつれづれ。

今日は雪。 こちらで大雪警報が出るのは16年ぶりだそう。 昨年の1月の雪の日の、翌朝のことを思い出していた。 アフリカから転校してきたばかりのブブが、雪山登山?みたいな重装備で登校してきたこと。初めての雪に、お母さんが心配してそんな服を着せたのかな。すべってころばないように。かぜをひかないように。 一年前、3年生の教室で、いつも不…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more